「玉利美里」展 Miri Tamari Exhibition 2008/8/25 – 9/7

tamari_mari

会期
8月25日(月)〜 9月7日(日) 11:00ー18:00 無休
協賛=株式会社デザイン倶楽部

作家略歴

2002年 4月 女子美術大学 絵画学科洋画専攻 入学
2006年 3月 女子美術大学 絵画学科洋画専攻 卒業
2006年 4月 女子美術大学 大学院 美術研究科洋画科 入学
2006年 8月 二人展 gallery archipelago “thinking about you”
2007年 8月 個展 gallery open door “虹をみた”
2008年 3月 女子美術大学 大学院 美術研究科洋画科 卒業

テキスト
パソコンで検索を急いだりすると、ときどき画面がなかなか出てこなくていらいらすることがある。帯状に少しずつ見えてきたりすると、私たちがモノを見ているのも本当はこういうことかと思ったりもする。玉利美里の画面は見えるようで見えない。あるいはイメージはそこで、漆喰の壁のごときものからひたすら滲み出る何か―ひょっとしたら肉体の一部でしかない。おもわず触れたくなるような奇妙な突出感。だからこそ壁の向こうに沈むものが何か、かえって気になる。
本江 邦夫

TEXT
When searching for something on a personal computer, you may become frustrated because whatever you desire is slow to appear on the screen. An image may emerge gradually in strips and this may indeed be what we see in reality. Miri Tamari’s paintings teeter on the brink of disclosure. Images remain latent, barely perceptible like something exuded from a plastered wall. It might be one aspect of a submerged entity. Odd prominences tempt one to touch. You can’t help but become curious about what lies behind the wall.
text by Kunio Motoe

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.