「Would you do me my favor?」展   by 栗原那津子 2009/12/7-12/20

af09.jpg

略歴

1982年生まれ
2008 女子美術大学大学院美術研究科洋画研究領域修了
個展
2009 狂った一頁03栗原那津子展 (PUNCTUM)
グループ展
2007 アウトレンジキタ 2007 (PRAHA2/札幌)
テキスト

きらきらした町を出て、野原をとぼとぼと歩いていたら、どこまでも続く、大きな塀にぶつかったとしよう。このとき、私は何かの内にいるのか、外にいるのか。そもそも内と外をどのように定義するのか。境界について考えるとき、私はいつも数学的には(ジョルダンの曲線定理によって)なんとか解決したこの問題を想い、境界線の曖昧さに立ち尽くす。

二年ほど前に、栗原那津子はスイカかメロンの頭をした人物を描いたことがある。どうも境界線上で仕事をする人のようだ。

本江邦夫

texst

Imagine leaving the glittering town behind, wandering through the plain aimlessly and then coming across the never-ending gigantic wall. Is that the moment that I do exist inside the boundary of something or outside of it? To begin with, the whole idea is open to the question on how to define the inside and the outside. When it comes to think about the boundary, I always stand still facing ambiguity of this subject of definition to which Jordan Curve Theorem has somehow managed to give an answer mathematically.

About two years ago, Natsuko Kurihara drew a picture of a man whose head looked like a melon or a watermelon. I suppose she is an artist who works on the border.

Kunio Motoe

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.