6月, 2011

’11/23/June/決算/The settlement of accounts of this year.

6月23日/ 先日の出張で、見せて頂いた蚕です。上の写真は一番小さいのが小石丸といって、現在も養殖されている日本の家蚕では一番古いものだそうです。下の写真のものは世界で一番細い絹糸になると言われました。繭を4個使用してよ…

’11/21/June/悲喜交々/Joy and sorrow one after another.

6月21日/難しいことはあるもので、「機を見るに敏」が高じて「機を逸す」という、あり得ないことは起こるのだ 。あの時、あの場面で。これは私の事ではない。自分の事は分からないもの。私自身、後悔する事は失敗や、己の非を自覚し…

’11/19/June/同じ島国なのに/Though it is a similar island.

6月19日/早春のロンドンでの事。友人の家を訪ねるために花屋に買い物に出掛けた。もう一人の友人は、ずっと私の左側を歩いていた。上記写真はその際の風景写真である。真ん中の白いライン。これがちょっとした問題になった。しばらく…

Roppongi Art Amanogawa 2011

  来る7月1日、2日と六本木の6軒のアートギャラリーが思いを込めた共同企画を開催致します。是非、お近くにお出かけの際はお立ち寄り下さい。今回も2日間だけスタンプラリーを行います。期間中に全てのギャラリーのスタンプを押さ…

’11/12/June/記憶は身勝手/The memory must be self-centeredness

6月12日/6月はジューン・ブライド、2回も結婚式にお呼ばれ致しました。2回とも、安定しない空模様で雨が降りました。私の時は親戚と、お世話になった方々、友人と食事会に致しましたので晴れがましい披露宴はしていません。ただ、…

’11/12/June/Now+here=Nowhere?

6月12日/只今、此処、確信は何処にもないかも知れない。だから必死になる。先日、海外のコンペの会場で会った哲学者ペッカ・ヒマネンは、「情報社会と福祉国家」フィンランド・モデルという本を書いている。彼は20歳でヘルシンキ大…

’11/10/June/中弛みはトロ味/Middle slack is fatty tuna taste.

6月9日/少々疲れ気味で、昼寝をしました。たまたま誰もいない、午後の事務所でのことです。帰社した家人が見た光景は、シベリウスが静かに流れる部屋で鼾をかいていたそうです。これから、間に合いそうもないデザインの処理について検…