4月, 2013

街の記憶/This is memory of the war. But how about Hiroshima.

4月30日/ 町田市立国際版画美術館で開催中の展覧会は面白そうだ。事実は小説より奇なりと言うが、空想の建築展と名打たれたその展覧会には興味がわく。空想の都市、空想の建築、空想の空間。最後が一番難しい。この写真は空想ではな…

奇麗な階段/ The stairs which can bother me.

4月16日/この階段を見たときに、奇麗だなと思いました。最近の階段というと、直線的で冷たいものが多く、上り易いかどうかくらいの感覚しか湧きません。現在では、大きな建築の設計で階段の役目は非常用かエントランスの虚仮威しに使…