「馬場恵以実」展 2011/7/1-7/14     “Amy Baba”Extibition

 cimg31451.jpg
「赤い玉状の甘酸っぱい果実」と言われたら、誰でも思うのはリンゴだろうか。でも、知っているかい?昔は赤くなくて、いい香りのする印度リンゴというのがあった。また逆に「リンゴ」という言葉をきいてデッサンしたものが本当にリンゴになるかどうか、それは誰にも分からない。イメージと言葉、言葉とイメージとの隔たりは深い森を行くように錯綜している。
馬場恵以実は別にリンゴの画家ではないが、この森、意味の森の永遠の探索者である。
テキスト/本江邦夫
Would anybody think of an apple if they are asked for “a sweet-and-sour fruit that is red and globular?” Do you know, however, that we used to have a kind called “Indian Apple”  that was not red but it did smell so sweet. Conversely, nobody knows if a rough sketch drawn by the word “an apple” would truly show its  image as a fruit. A gap between the image and the word, or vice versa, is as complicated as a winding road running through the deep forest.
Amy Baba isn’t particularly a painter of apples  but she is an eternal explorer of the forest full of meanings.
text/Kunio Motoe

プロフィール/馬場恵以実
1988年 京都府宇治市生まれ 東京都羽田育ち
2005年 約1年間New Zealandに滞在 先住民Maoriの文化に魅せられる
2011年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
現在  多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程 絵画専攻1年

 

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.