Diary

ギャラリーの運営と日々の雑感などを記します

風化と劣化/Weathering and Deterioration

3月14日/上記掲載写真は六本木デザインサイト21_21裏手にある坂倉順三設計の建築の壁である。日本人的な考え方ではこの壁は劣化して来ていると考えるか、風化して時代を感じさせると考えるのか思案に暮れる。現在、トランジット…

鏡張りの街/Town such as the mirror.

3月8日/本日は春日和というよりも冬晴れでしょうか。寒いですね。今朝程、facebookを拝見致しておりましたらば、「 建築家が狂いはじけて、土木が独走、都市工学が人間を忘れ、ジェネコンが経済合理性原理主義で盲目に走る。…

奇跡/Miracle

3月6日/写真の植物は2012年の12月31日のfacebookに、もう2年間も元気に枯れないでいると書きました。それが下記掲載の写真です。その後、次第に落葉していき、もう駄目かと思いながらも家人が手入れをしてくれた。そ…

土木も建築/Engineering works are construction, too.

3月2日/建築は様々に発展している。新国立競技場の議論も大変に興味深い。建物の異形感は人びとの注目を引くが、意外と地下や周辺地形のデザインは当たり前のように環境変化を意識しない。しかし基壇を築く前の地形のデザインは建築と…

空間意識と色彩/Space consciousness and color.

2・28/最近は空間と環境を色彩の関係で観ることに、一層心掛けている。模型の空間で実施を空想することが多くなった。後5年内には実施設計で建築物に取り組みたい。遅くに始めた新規事業なので友人知己の協力が必要大である。私達の…

いよいよ再開/Reopening soon.

2月17日/このところの大雪は、天候の異変を感じさせます。今週も大雪かも知れません。山梨県は大変なことになっている様子です。さて、いよいよANOTHER FUNCTION再開ですが、今回のアーティストの一見屈託のない強さ…

次回展とスペース利用について/About next exhibition and the space use.

これまで、筆屋コーポレーションによるサポートにて運営されて参りました若手アーティスト育成プログラムは引き続き継続予定に致しております。開始時期は来春ということになります。大きくは若手のアーティストに個展の開催をお願いした…

松山の人々/People of Matsuyama

  9月26日/松山に来ています。知り合いの展覧会のオープニングです。知り合いと書くのは相手が偉すぎて、友達とは言えないからです。ヘルシンキに半年程滞在した2011年に大変お世話になりました。松山の出身で、何十年ぶりかで…

9月16日/September 16 th

9月20日/イタリアで見かけた電動自転車かミニバイク。 モーターなのか、エンジンなのか、解らない。ハンドル部分も前輪の上についている物体もユニーク。イタリア人はこの風変わりなデザインを、機能で説明する。納得してしまうが、…