「土田祐介」展 Yusuke Tsuchida Exhibition 2009/2/2 – 2/15

display_yusuketuchida.jpg

会期
2月2日(月)ー15日(日) 11:00ー18:00 無休

作家略歴
2005年3月 多摩美術大学美術学部情報デザイン学科 卒業
2005~08年 多摩美術大学美術学部生産デザイン学科テキスタイルデザイン研究室 副手

展示
2005年 「road club festival ART FAIR」(韓国・ソウル)
2006年 「多摩美術大学テキスタイル研究室 副手展」(東京)
2008年 「新進気鋭の写真家12名によるリレー個展・第9会期『dispaly』」(東京)

テキスト
灯りの落ちた室内は闇の気配。ディスプレイから発される白い光は、夜をやんわりと押し返し、わずかに安堵の場を作る。登場人物たちはいつまでも注視している。世界のすべては白い光の中にあり、どこまでも見通せるかのごとく。彼らは私たちだ。あなたの知らない誰かであり、私たちの次の世代の人間でもある。土田祐介は、私たちは例外なくみな白い光を浴びている、ということを見抜いた人間の一人なのだ。二度目の個展となる今回、いよいよ彼の視点の全貌が明らかになる。
高橋 周平

TEXT
There is a sign of darkness as the lights go off indoors.
The white light shining from the display, softly pushes back the night, making a small relieving place.
The appearing characters are eternally observing.
The entire world shines under a white light, as if endlessly far away.
They are us. Someone you do not know, and a person from the next generation.
Yusuke Tsuchida, is one person who had the insight and found that we are not an exception, and that everyone shines under a white light.
At this second exhition, we finally clearly see the full picture of his viewpoint.
text by Shuhei Takahashi

Written By
More from fudeya
高木彩展のお知らせ Tokyo Wander Wall
  高木彩さんからトーキ...
Read More
0 replies on “「土田祐介」展 Yusuke Tsuchida Exhibition 2009/2/2 – 2/15”