「渡邊 加奈子」展 Kanako Watanabe Exhibition 2007/9/25 – 10/7

watanabe_kanako_2

会期

9月25日(火)ー10月7日(日) 11:00ー18:00
オープニングパーティ 9月29日(土) 18:00より20:00まで
協賛・協力=株式会社カズマ/株式会社デザイン倶楽部

作家略歴
2007/ 多摩美術大学 博士前期課程 美術研究科版画領域 修了
現在、多摩美術大学 日本画研究室 副手

個展
2007/ 「渡邊加奈子展」ガレリア・グラフィカbis 銀座

グループ展
2003/ 「第28回全国大学版画展」買い上げ賞 町田市立国際版画美術館
2006/ 「第14回プリンツ21グランプリ展」 東和ギャラリー 銀座
2007/ 「the 6 International Biennial of Engraving Liege」 Museum of Modern and Contemporary Art ベルギー
International Print Triennial Oldenburg」 Horst Janssen Museum ドイツ

テキスト
あれはアポリネールの短篇だったか、影だけの男の話がある。第一次大戦の頃だ。その影が自分の墓石に覆いかぶさり嘆き悲しむ。実体があり影がある(ドラキュラは鏡に映らない)。影と実体は対のものだから、生身の色やかたちや機微もまたシルエットに潜むはずだ。考えてほしい、強烈な閃光を浴びた私たちが地上に残すのは一抹の影のごとき痕跡でしかないことを。—渡辺加奈子の繊細きわまる薄明のヴィジョンには思いのほか深遠なものがある。
本江 邦夫

TEXT
There is a short story, possibly by Apollinaire, about a man who is just a shadow. It is set around the time of the First World War. His shadow hovers over his own tombstone, weeping in sorrow. There is a substance and there is a shadow(Dracula is not reflected in a mirror). Since the shadow and the substance are a pair, skin colors, shapes and subtleties of the alive must be concealed in the silhouette. Consider thata person illuminated by a sharp flash would leave no more on the Earth than a mark, a mere shadow. —Kanako Watanabe’s exquisite half-light vision embraces something astonishingly profound.
text by Kunio Motoe

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.