「Jussi Aalto」展 2012/08/20~09/15 “Jussi Aalto” Exhibition(close on Sunday).

jussi.jpg

「自分は、ストレート・フォトグラフィを目指すんだ」、フィンランドの写真作家ジュシ・アアルトは、60年代からファッション、広告、ポートレイトなど手がけてきた長いキャリアの最後にそう語っている。写真はストレートたるべし。絵画にゆめゆめ劣等感を持つなかれ。動画やエフェクトに脇目を振るなかれ。徹底的にストイックに、一人きりで世界と対峙せよ。その純粋さからしか生まれてこない表現、それがストレート・フォトグラフィの正体だ。

ぼくらはいろんなものを求めることに馴れてしまった。あくなき欲望とぶざまな拘泥の塊である。もう一度、削ぎ落していこう。簡単なことではない。まっすぐに受け止める、写真家として最難関に挑む、ということだ。これはジュシ・アアルトの己に対する宣言、厳しいまでの決意なのである。

テキスト/高橋周平
Having talked about many years of his career since 60s including wide-ranging fields he addressed such as fashion, advertisement and portrait, Jussi Aalto, Finnish photographer, finally stated “Straight photography is my way.”

Photography should be straight. Never feel inferior to paintings. Keep yourselves away from moving pictures or other effect techniques. Strictly pursue rigid styles. Face the world in solitude. Complete purification is the only way to reach the expression one wishes. That’s what straight photography is.

We are like an ugly chunk of greed, being distracted and obsessed with things that will never satisfy us. Leave it all there. We can start over again. It is not easy. But if we will turn our eyes straight to the truth, we can receive a message from Jussi Aalto and his decision statement where he promises himself to try the greatest challenge as a photographer.

Text/Shuhei Takahashi

 

 

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.