「遠藤智子」展 2010/11/15-11/27 ”Tomoko Endo” Exhibition

dsc00048.jpg

遠藤智子
プロフィール
1985 神奈川生まれ
2009 多摩美術大学美術学部生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻     卒業
個展   「こんなふうに住んでいる」pepper’s gallery、東京
現在   多摩美術大学大学院美術研究課修士課程デザイン専攻テキスタイル     デザイン研究領域在籍

テキスト
事物つまり存在するものは、それ自身ではなく、存在によって存在する。存在者と存在とのあいだには差異、まさに存在論的差異があると断言したのは、周知のごとく、本質的に大地的な哲学者ハイデッガーだった。大地とは存在者の母体である。そしてこの差異とはおそらく芸術の形式そのものである。
遠藤智子が繊細な手つきで染め上げた衣服、その半透明な被膜を前にして戦く私がいるのは、存在者の抜け落ち、大地の消えたそこに存在の一瞬の気配を見たからにちがいない。
本江邦夫

 text

A thing, that is to say, a being, exists because of its existence, not because of itself. As everybody knows, it was Heidegger, the philosopher essentially rooted in the earth, who stated that there should be a disparity, or more precisely an ontological disparity, between the existence (ens) and a being (esse). The earth is the ontological matrix of beings. And the disparity might be the form of Art itself.

The reason why I was stricken with awe when I saw the cloth dyed by the delicate hands of Tomoko Endo, its semitransparent membrane, is that I must have caught a glimpse of being in the moment when the existence was left out and the earth disappeared.

Kunio Motoe

 

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.