’11/24/January/プラント・ハンター/Plant Hunter

 img_2972.jpg
1月24日/数日前のダイアリーでフィツカラルドのことを書きました。その際、ゴムの栽培が世界市場を独占していたという話を致しました。その宝の山が二束三文になってしまうのですから、植物恐るべしです。そこで、プラントハンターのお話です。大航海時代は勿論のこと、現代でもこのプラントハンターは活躍しているのです。特に最近では、特殊な微生物を求めて北極から南極まで海山を問わずその行動は留まるところを知りません。先日TVを拝見していましたらば、スイゼンジノリという清流で採取される植物ノリからサクランという天然分子が採れるという番組がありました。そして、それが自然に現存する分子のなかで最長の長さを持ち、吸水高分子として応用が期待されているのです。日本の大学研究室が研究しており、その研究の一端が紹介されておりましたがレメタルのリサイクル使用に欠かせないものになりそうです。ある種のイオン化傾向を利用した作用ですが、その吸収力の凄さは見事です。脳みその知識もプラスイオンがマイナスイオンと作用するように吸い付くと楽で良いのですが。
January 24 /I wrote Fitzcarraldo in a diary a few days ago.I did the talk that cultivation of the rubber monopolized global market on this occasion.Because the gold mine becomes the next to nothing, it makes fear and comes over, and the thing called the plant does it.Therefore it is the story of the plant hunter.Not to mention Great Navigation Age, this plant hunter is active as I talked about even the present age.The action does not know a place to remain in particularly recently without asking it both the sea and the mountain in search of a special microbe from the North Pole to the South Pole.There was the program which natural molecules called SACRAN could adopt from plant paste gathered in noble lineage called the Aphanothece sacrum the other day when I watched TV program.And it has the longest length in the molecules that it exists naturally, and application is expected as an absorbing water macromolecule.A Japanese university laboratory studies it and one end of the study was introduced, but seems to become indispensable to the recycling use of the rare metal.It is action using a certain ionization tendency, but the horror of the power of absorption is wonderful.When the knowledge of my brain stick to it so that a positive ion acts with an anion, it is good for comfort.

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.