「鈴木亜弥」展 Aya Suzuki Exhibition 2008/6/15 – 6/29

suzuki_aya_2

会期

6月15日(日)6月29日(日) 11:00ー18:00 無休
協賛・協力=株式会社デザイン倶楽部

作家略歴
2007/ 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
2008/ 現在、多摩美術大学博士前期課程 美術研究科2年

グループ展
2005/ 「WORKS 05」月光荘画室3 銀座
2007/ 「Oilキラキラ 1/2」すどう美術館 銀座
「『坂本和子×鈴木亜弥』展」GALLERY52 飯田橋
2008/ 「±point」ガレリア セルテ

テキスト
ドイツ語のHeimは家庭のことだが、その形容詞形のheimlichは「内緒の、秘密の」という意味になる。一瞬怯む…がしかし、たぶんどこの家にも一つくらいは人には言えない秘密があるし、見ているのに見えていないものもある。私―この私だって「私」という他者にもなりうるではないか(誰だ!鏡の向こうにいるお前は!)。モノがあるとは、ヒトがいるとは、どういうことなのか?部屋の一隅に潜む、鈴木亜弥のさりげなく控えめな異物を目にして、ふとそんなことを考えた。
本江 邦夫

TEXT
The German word “Heim” means home but its adjectival form “heimlich” also means ”secret or clandestine. That is enough to make one wince. Almost every home has a secret ,and something that is apparent but invisible. I can also become the other who is “me”. (Who are you in the mirror?) Why is there something and why is there someone? Seeing something strange created by Aya Suzuki casually and modestly lurking in a corner of a room, I wondered why.
text by Kunio Motoe

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.