「石神まるこ」展 Maruko Ishigami Exhibition 2008/12/13 – 12/26

marukoishigami2.jpg

会期
12月13日(土)ー26日(金) 11:00ー18:00 無休

作家略歴
2007/ 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
2008/ 現在、多摩美術大学博士前期課程 美術研究科2年

テキスト
空間とは何か?これは2次元に収斂する、あるいはその近傍にある絵画の究極の課題である。それはふだん隠れている、あるいはあまりに自明である。そして、目を閉じるとすぐに分かることだが、どうも空間は私たちの中にもあるようなのだ。
石神まるこは家具とか動物の小さな模型を紙粘土で手作りして、それをモチーフとして描く。指先を通じて身体に取り込まれた空間は、また外に出て行くことで二重化され―現時点での一つの回答として―ここに滲み出るような空間が出来するのだ。
本江 邦夫

TEXT
What is space? In the painting converging on the two-dimensionality, or being in its neighborhood , this is the ultimate question. Space may be concealed or quite present in our daily life. But close your eyes. Then, you’ll feel that there might be space within yourself.

For Maruko Ishigami, the first thing to do is to create miniature furniture and animals out of paper clay. They will reappear as motifs in her paintings. Space, first captured and transformed into a body by her own fingers, is then reconfigured or recognized in her paintings, with the effect of appearing through the surface. This must be an answer to the ultimate question: what is space?
text by Kunio Motoe

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.