「髙木 彩」展 2007/6/25 – 7/7

“aquascape” Aya Takagi
会期

2007年6月25日(月) – 2007年7月7日(土)11:00 – 18:00
オープニングパーティー 6月30日(土)18:00 より 20:00まで
協賛・協力=株式会社カズマ/株式会社デザイン倶楽部

作家略歴
1883/ 横浜生まれ
2007 / 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
現在/ 多摩美術大学大学院美術研究科在籍中

個展
2006/ 「髙木彩展」画廊るたん 銀座

グループ展
2005/ 「『乱反射』展」HERB料理店 草木土 横浜
「WORKS 05」月光荘画室3 銀座
2006/ 「第9回『エネルギー賞』展」 TEPCO銀座館 銀座
「SPROUT EXHIBITION vol.18」ギャラリー福山 銀座
2007/ 「Oilキラキラ1/2展」すどう美術館 銀座

テキスト
光についていちばん不思議に思うのは、光を見るのではなくて、光によって見ているにすぎないことだ。光は本当はどこにあるのか?打ち震える木の葉によって 吹き抜ける風を知る、そのように光を知るわけではない。光はあまりに自明のもの。そして色彩、移ろいゆくそれは、光と光を反射する事物との無数の関係のひ とつでしかない。高木彩は言う。「光のなかに潜むすべての色を手に入れようと描いている」と。光を捉えること、これ以上の絵画の野心があるだろうか?
本江 邦夫

TEXT
The most marvelous, marvelous thing about light is that since we do not know much about it, we want to know more of it. It is not just looking at the light,but how the light merely looks according to the light that shines. Where does light come from? It is not light as we know, as when the wind blows across and shakes the leaves off of trees. Light is very obvious. As for the hue, as it shifts, it is of light and light reflections, and its countless connections. Aya Takagi says, “I try to obtain and draw all of the colors which are hidden in the light.” Could there be more to an ambitious drawing than to capture light?
text by Kunio Motoe

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.