「Breath of light」展 by Nozomi Watanabe 2009/9/14-9/27

watanabe-dm2.jpg

会期/9月14日(月)ー9月27日(日)  11:00−18:00 無休

渡辺 望
Nozomi Watanabe
2009
多摩美術大学大学院 美術研究科 博士前期課程 絵画専攻 油画 修了
個展
2008
「瞬の間」Nozomi Watanabe solo exhibition   フタバ画廊/銀座
2009
「虹の在り処」Nozomi Watanabe solo exhibition フタバ画廊/銀座
グループ展
2004−2009
「怪作展」 小田原EPOホール/小田原
2005
「GIRLS ART展」 神楽坂die pratze/神楽坂
2007
「史水展」 ギャラリーくぼた/京橋
2008
「±point」 ガレリアセルテ/横浜
「cocore+powder」 多摩美術大学/八王子
「日本コラージュ2008」 galleryK/京橋
「日常、もしくはそのスキマ」展  フタバ画廊/銀座
「CO-CORE International Art & Design Critiques」
清華大学美術学院/中国、北京
2009
「日本コラージュ2009」 galleryK/京橋
ユニット活動 -urogabatahu-
2008
「フタバ画廊」フタバ画廊/銀座

テキスト
現代の複雑で、どこか隠微な人間関係のなかに暮らしていると、私たちはまるで傷つきやすく繊細な皮膜でくるまれた生ける小部屋にすぎないように思えてくる。そんなことはない!―どこかから、否定する声がきこえてくるが、その響きに力が無いことにすでに私たちは気づいている。
渡辺望は言う。「ただ繋がりを体験したいという想いだけで」制作していると。しかし、そのとき世界は、啓示か謎か、不意に銀膜上の映像に転じ、むしろ遠ざかる。この隔たりが私たちの現実である。
本江邦夫

text
We are living in a world where the human relations have been complicated and cryptic. Each one of us looks like an isolated chamber protected by a fine film that is fragile and prone to get hurt. No! Not true! The voice is echoing in the air to deny the idea but we find the tone is unconvincing.
“I keep on creating my works with a sheer desire to experience the ties” says Nozomi Watanabe. The world, however, would all of sudden transform into a divine revelation, an enigma or a vision on the silver screen only to leave us further behind. The distance we are apart is the reality we face.
Kunio Motoe

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.