’11/18/January

img_2942.jpg
1月18日/昨晩の月をリビングから一枚撮りました。深夜になると我が家のリビングルームは月明りで照らされます。その状況を写真に収めたかったのですが、針の眼のような丸い月が写っただけです。「針の眼」と言えばドナルド・サザーランド。あの青い眼のドイツ軍人役の多い、ハリウッドの男優です。この映画は凄く面白く、ペーパーバック本も購入して読みました。ケイト・ネリガンが健康的な若奥様役を好演。傷痍軍人の妻としてなんともセクシーでありました。確か小説家はケン・フォレット。これ以外にも「トリプル」、「レベッカへの鍵」、「獅子とともに横たわれ」、「ペテルブルグから来た男」などを読みましたが、登場する女性の奇麗なこと(飽くまでも想像です)。因に全て原書にて一人で読みました。最初は単語が分からずに、なかなか進みません。暫くしたら奇跡が起こりました。英語が分からないのに映像が勝手に流れていきます。気が付くと、読んでいる気分になっているのです。それ以来、英語本の読むふりは続いています。
January 18 /I took the moon last night one piece from my living room.When late-night, the living room of my home is lighted up with moonlight.I wanted to put the situation in the photograph, but the round moon such as the eyes of the needle came out.Speaking of “The Eye of the Needle”, it is Donald Sutherland.It is an actor of Hollywood with much part of German officer of those blue eyes.This movie purchased the paperback book very interestingly and read.Kate Nelligan gives a good performance with a healthy young wife part.She was very sexy as a wife of the war disabled.Absoluteness, the novelist are Ken Follett.As well as this “Triple”, “The Key to Rebecca”, ” Lie Down with Lions”, and read “The Man from St. Petersburg”, but an appearing woman being beautiful (is imagination to the last).I read in the original book in alone entirely.It does not readily keep understanding a word first.A miracle happened in a few weeks.Though I do not understand English, a picture flows in my blain without permission.I feel reading when I notice.Thereafter I continue to pretend to be the English book reads.

株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

Comments are closed.