「Roger Ackling」展 2009/11/9-11/23

dscn0819.jpg

dscn0842.jpg

The Statement of Mr.Roger
For nearly 40 years I have made my work using the same method. By over-exposing direct sunlight through a small hand-held lens, images of the sun are burnt onto discarded wood.I work outside on the ground and under the sky. In these solitary, still moments with the wood on my lap, the outer visual world no longer occupies my mind.Thoughts are reduced to a minimum and what occurs is a quality of engagement to an inner indefinable realm of the human spirit.I know that what is made from this simple, concentrated ritual is held within the work itself.This presence can be re-absorbed through the senses and the eye. A silent non-negotiable realm of human experience; a vibration of the soul’s life.Like many others for thousands of years, I believe that insight can be seen and rekindled through a pragmatic dialogue with material.
Roger Ackling, summer 2009

作者の一言

同じ方法を用い作品を制作して、40年近くになります。小さな虫眼鏡で直射日光を過剰に照射すると、廃材に太陽の像が焼き付きます。作品制作は、空の下で土を踏みしめながら屋外で行います。膝に木材を抱えながらの孤独で静謐な時間、外側の視覚世界はもはや私の心を占めることはありません。思考が最小限に収斂されていく中、現れてくるひとつの特質があります。そうして、私は人の精神の茫洋たる内面の世界へ引き込まれていきます。この単純で凝縮された儀式から生まれるものが、作品自体にも内包されることがわかります。その存在は、雑多な感覚と作家の眼を通して再び取り込まれていきます。人の経験という、譲ることのできない無音の世界。魂の、命の震え何千年の間、他の多くの人達も信じた様に、私もまた、素材との実際的対話が内面への洞察力を引き出し、再生させるのだと信じています。

ロジャー・アックリング 2009年 晩夏


株式会社筆屋コーポレーション 。gallery "Another Function" を運営しています。

1 Comment

  • 11月 24, 2009

    Carol + Trevor

    Keep the fire burning Roger. Your statement is both beautiful and simple, like your work.